スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--)/--:--:--:コメント(-)|トラックバック(-)

言葉と圧縮と

だいたいいつもどおりの日常。音ゲーやってエロゲやってFFやって。
ギャザクラ楽しい!とかいってコンテンツ内とか言ってるはずのFFをやって音ゲーとエロゲの頻度低め。
あと結構前のことだけどセモリナ粉買ったけどこれでパスタ作ってると強力粉と違うわってねってる時から思った。
カップに入れて測ってるから同容量で小麦粉より重いならそもそも水分足りてない説あるけど。(一応気持ち少なめにとってるけど)

それはそうと最近思ったこと
ふと数日前にイリヤのワンシーンを思い出してあの時はほへーくらいにしか思ってなかったけど、
意味の圧縮ってアレ今思えばどの言語においても一緒であの人たち独自の言語作ってただけやん?って




※割りとふぃーりんぐでおーって思っただけだから日本語怪しいかも。


相手にりんごが赤いと伝えたい

赤いリンゴの情報を思い浮かべて概念的なものを一度取り出す→言葉に変換する
言葉にする時のプロセスはこんなかんじで
言葉を受け取る→概念的なものに変換する→理解する。
受け取った側はこんなんじゃねと。

実際は、ものを見てそれはどういうものかというのを相手に伝えるとするので、
情報を伝える側としては
一度物質を見て、その情報を目や鼻や耳など五感で受け取ってそれを脳内で一致する言葉がないか探して
それを見つけて初めて言葉になるのでは?と思った。

実際にこの情報を伝えるにあたって別に言葉はあくまで一つの手段であって別に
意味を伝えるのに仲介するのは絵とか身振り手振りいろいろあるわけで、
ただ、りんごやappleなどという言葉を伝えるだけで相手がそれを知ってるなら大体のイメージを伝えれるって意味で言葉は優秀なんだなと。

ただそれを伝える際にすべてを正確に伝えれるわけではなくあくまで非可逆圧縮の一種というのがアレ。
赤いと言ってもすべてが真っ赤というわけでないし完璧に細かく伝えれるわけじゃないしね。


さて、ここでよく使われる圧縮の意味と違うのは、
同じ意味の圧縮(仲介プロセス)を通してるだけであって同じ世界を認識してるとは限らないクオリアとかその辺の概念が絡んでくること。
このへんは詳しくはググってください。

他人と違う世界が見えてていたとしても言葉など同一の仲介プロセスを通してるから世界が一緒に見えてるように感じるというやつすごい面白い。

同一の仲介手段を使えども自分のとらえた概念と手段への変換は一人ひとり違うというのがよくコンピューターで使われる圧縮とは違うところ。
(そもそも概念と言葉(仲介手段)の変換はどっちが圧縮なのか怪しいところだから変換とおいておく)

哲学的な要素云々が強いが、このあたりの事も含め人間の奥底まで解明し、
それはどうして成り立ってるのか云々をたどってそれを言葉としていくと実はコンピューター科学等の発展にもつながるのではと思った。
解明ができてない、それが存在することが当たり前と思っているだけで実は生物は現在の技術では解明できないようなものすごい高度なことをしているコンピューターのいっしゅなのでは?と。
逆にコンピューター技術を発展させていくということは擬似的な生物をつくることでは?(ロボットとかいい例)

一見無関係に思えることでもどんどんそれを分解して根本的な要素に分解してくと結局分野的にはどこか一つにたどり着くと思った最近でした。
2014/06/30(月)/18:24:30:コメント(0)|トラックバック(0)
コメントの際の注意。
・宣伝・同じ内容の連投は削除等の対象。
・質問等は、しっかり考えてから行ってください。
 聞けば何でも教えてくれるというのは間違いです。
・コメントの返信方法が確立していないので、返せない場合があります(´・ω・`)
・http://とhttps://が禁止ワードとなっています。
 コメント本文のURL入力は頭のhを抜くなり、なんなりしてください
name:

title:

Mail_address:

URL:

comment:

パスワード:

管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL

プロフィール

猫と馬

Author:猫と馬
相互リンク希望の方はこちらにコメしてください
閲覧推奨環境
現在不明

フリーエリア

blogram投票ボタン
fc2ブログランキング 人気ブログランキングへ

↑から買い物をしてくれると管理人が喜びます

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

リンク・記事の紹介(引用)について。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。