スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--)/--:--:--:コメント(-)|トラックバック(-)

弐寺の専コン改造(キーの固さ)

弐寺の専コンの再販があったじゃないですか。

あれで全員のところにいきわたらない。
みたいなメールが仮予約した方は着たと思いますね。はい。

私は結構前に仮予約していたおかげか入手できた次第です。
(仮予約したの7/10日。なんかメールのこってた)

そんなわけでBMSでものすごく楽しんでますが、
鍵盤が硬い硬い…。
ACと比べて、力ほしいから、指疲れるし押せない…(特に縦連)

そんなわけで、某サイトを参考に改造してみました。



参考にしたサイト
BeatmaniaIIDX専用コントローラ改造

ちなみにこれ参考にして何かあっても知らんと参考サイトにも空いてあるので、
私も何かあっても知らんと言っておきます。

ドライバーとカッターは大体どこの家にでもあると思うので、道具は大丈夫でしょう。
無い方は買ってきましょう。

材料となるのはゴム版だけですね。
(画像はめんどくさいので方向直してません。手抜き?その通りです。)
ホームセンター…場所によってはダ〇ソーでも売っている(らしい)ので適当なところで買ってきましょう。

ちなみに私は1件目のホームセンターになく、ダイ〇ーにもなく、2件目のホームセンターで発見

540695391.jpg


150mm四方厚さ1mmのゴム版。(105円×2枚)
正直こんなにいらなかったです。失敗するかも…と思いましたが、
何の失敗もなく1枚の半分も使ってません。

とりあえず、これから23㎜×23㎜を7枚切り出す。

540700559.jpg


下の色紙とか書いてある紙はちょうど手元にあった台紙代わり。
(この下にあった紙がちょっと切れた気がするけど気にしない。どうせいらないもの)

次にこれの中央に10mm×10mmの穴を作る。

540703808.jpg

私は6.5mmを測って印つけて、そこから10㎜先に印をつけて…と無駄に正確目に最初切りましたが、
正直そんなに丁寧にやらなくても大丈夫だと思います。(たぶん)
心配な人は丁寧に切り抜きましょう。
(1枚正確に切ってこれを他の切ってないやつの上に重ねて切るというのを途中からやっていました。 )



そんな緻密(では特にない)作業を終わらして、さっきの7枚の中央に穴が開くわけで
540709439.jpg

これで準備完了です。




次に専コンの分解。
鍵盤の部分を外します。(外し方は取説読みましょう)
裏っかえして、ねじが6つあると思うので、それを撮って蓋を外します。

そうするとこんな感じになりますね。
540716169.jpg


で、この基盤のところにもねじがついてるので外しましょう。
ちょっととりにくいですが、変に力を入れて基盤をパッキンと折ったりしないようにしましょう。
この6つの黒い部分(ねじが刺さってたと思われる部分)にはまってるからだと思います。
垂直に持ち上げれば大丈夫だと思います。(きっと)
私は、下に軽くドライバーを入れててこで持ち上げる感じでやるとほとんど力使わずすんなりと。

開けるとキーの後ろ側が見えるので、ここにさっき作ったゴム版を切り抜いたやつを載せます。
(基盤外した直後の写真撮るの忘れた)

540716898.jpg

乗せてる最中ですが、黒鍵盤と白鍵盤全部に乗せます。
スタート、セレクトボタンは気にせずそのままでいいです。(たぶん)
10mm×10mmの穴はこの灰色の中央にある、画像で言う黒い奴が隠れないようにするためです。
参考にしたサイト見てくださればなんとなくわかってくれると思います。

そしたら、かぶせたゴムがずれないように基盤を乗せて、ねじでとめて、
蓋閉めて、ねじ止めて、鍵盤部分を皿のついてるやつにはめて…と
元に戻します。

これで完了です。



で、使い心地どうなんでしょうか?
という話ですが、なかなか軽くなりました。

欠点としては、
ガシャガシャ音がさらにすごくなります。
隣人からあまりの音に訴えられるレベルにうるさいです(冗談)
かのレオパ〇スの薄い壁なら隣に聞こえるのかもしれません。

キーが重くなったらゴムの劣化か基盤に張り付いてるのかもしれません。

劣化の方は知りませんが、
一回7鍵が弄る以前みたいな重さになって再び開いてみたら、基盤に張り付いていました。
ゴムのぺちゃぺちゃ感的なやつが原因なんでしょう。きっと。

参考サイトに凹み防止用のゴムとのことも書いてありましたが、今回は作っていません。
これだけ軽くなれば十分使えるレベルと思います。
2012/03/19(月)/22:57:21:コメント(0)|トラックバック(0)
コメントの際の注意。
・宣伝・同じ内容の連投は削除等の対象。
・質問等は、しっかり考えてから行ってください。
 聞けば何でも教えてくれるというのは間違いです。
・コメントの返信方法が確立していないので、返せない場合があります(´・ω・`)
・http://とhttps://が禁止ワードとなっています。
 コメント本文のURL入力は頭のhを抜くなり、なんなりしてください
name:

title:

Mail_address:

URL:

comment:

パスワード:

管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL

プロフィール

猫と馬

Author:猫と馬
相互リンク希望の方はこちらにコメしてください
閲覧推奨環境
現在不明

フリーエリア

blogram投票ボタン
fc2ブログランキング 人気ブログランキングへ

↑から買い物をしてくれると管理人が喜びます

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

リンク・記事の紹介(引用)について。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。