スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--)/--:--:--:コメント(-)|トラックバック(-)

一応はRewrite終了


かなり良い話でした。

まさかノベル系のゲームを一通り終えるのに、
学校終わってからの時間をほぼ全て使って2日、
さらに、休日を丸2日使って終わるレベルのボリュームだとはね……

追記にRewriteのネタバレあり。
(文章にいつの間にか個人的見解も交じっていたりするでしょう)





もうやばかったですね。

江坂さん無茶苦茶男だったよ…

いやもうこれは、やってみるに限りますね。

もう、言葉にできにないですよ。
私の言語能力的にも、話の良さ的にも。

自分だとわかるんですけど、
その考えが日本語という媒体に変換できないというか…


書き換えることができるだろうか、その少女の運命を。

あれは、最初はオカ研のメンバーの誰かがメインになって、その人だと思ったけど、
全然違いましたね。

最後にいいところを持ってくのが、篝と咲夜なんて……


最後の篝と小太郎のあのシーンは涙が……
私の言語力では愛ってすごいなぁ……としか表現できないのです。
自分だと、そんなものじゃ表現できない者だってわかってるんですけどね。

まさかあの一言の言葉で、少女の運命を書き換えることができる……愛ってすごいな……

そしてED。

推測がかなり入ってますが、オカ研のメンバーで歩いているCG…
あれは、前までの小太郎の記憶が戻ったということでしょうか?
それとも、そんな情景を想像しているという感じか……
他にも頭の中でいくらか考察は立てていますが、
おそらく、記憶が戻るとまでは言わなくても、そちらの方向な気がします。
(あくまで私のとらえ方)

そして、最後の篝の笑顔のCGは心に着ましたね。


結論。
私程度では説明できない。


と適当に〆ます。
さっきから言っている通り、脳内言語を日本語に変換する能力が私にはないのです。
特に、感覚的な物とか、いろいろありすぎるものとかは特に。

物語、全体を見るとKeyらしさはあまりない気がします。
というか、物語が壮大……

とにかくやってみるに限ります。

後にレビューするかもしれませんが、
現在点数をつけるなら、全体を見ると
100点満点中90点。

前半の部分があまり気に入らなかったり、ルチアの扱い(出番少ないね)など、個人的な視点もありますが、
そういう微妙な点があるので、
私としてはこれくらいの評価です。

ただ、点数の割にいいものを得られると思います。
2011/07/03(日)/22:57:12:コメント(0)|トラックバック(0)
コメントの際の注意。
・宣伝・同じ内容の連投は削除等の対象。
・質問等は、しっかり考えてから行ってください。
 聞けば何でも教えてくれるというのは間違いです。
・コメントの返信方法が確立していないので、返せない場合があります(´・ω・`)
・http://とhttps://が禁止ワードとなっています。
 コメント本文のURL入力は頭のhを抜くなり、なんなりしてください
name:

title:

Mail_address:

URL:

comment:

パスワード:

管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL

プロフィール

猫と馬

Author:猫と馬
相互リンク希望の方はこちらにコメしてください
閲覧推奨環境
現在不明

フリーエリア

blogram投票ボタン
fc2ブログランキング 人気ブログランキングへ

↑から買い物をしてくれると管理人が喜びます

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

リンク・記事の紹介(引用)について。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。