スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--)/--:--:--:コメント(-)|トラックバック(-)

ユークリッドの互除法をWebページで実用化してみる。

ワンパターンですが、思いついたら実行。
それが俺です。

結局、昨日みたいなこと記事を書いても、
大概の人はプログラミングをやっていないはずなので、
「意味わからん」「俺C言語できないし」
とかいう人がたいていでしょう。

ということで、今回はそれを計算するページを構成してみました。

入力フォームに2つの数字を入力→OKボタンを押す→最大公約数表示!

そんなものなのです。

大きい数の約分をするときなど、
ややこしそうな数の、最大公約数を必要とするときは、これがあれば便利なのかもしれません。

宿題の時に使ってもらえれば…と思ってたりもします。

追記においておきます



ユークリッドの法則を利用して、入力した2つの数字の最大公倍数を見つけるサイト(ページ)

注意事項。(※部分のことは、後で愚痴を書きます)
・自然数だけを入れてください。
 →それ以外のものを入れると、ブラウザの動作が完全に止まります(実験済み※)
・JavaScriptをONにしてください。
・ないとは思いますが、その他問題があるかも知れません。




いつもの愚痴の時間。

※のこと。
自分で、全角数字入れたらどうなるか、気になって。
興味でやってみたら。
ブラウザの動作とまる→応答なし→無理矢理終了。

……

よし、間違わないように半角しか入力させないようにしよう。
じゃあ?半角英字は?
ブラウザの動作とまる→応答なし→無理矢理終了。


ですよねー

でも、数字以外で、動作を起こさないようにするのは、地味にめんどくさいのでやってません。

ちなみに、記号は、見え見えの結果があるのでやってません。
だから注意書きに、自然数を入れてくださいと、書いてあるのです。

プログラムのソースはまた、後日。
普通にソース見ればわかりますが、一応

2011/05/18(水)/20:39:59:コメント(0)|トラックバック(0)
コメントの際の注意。
・宣伝・同じ内容の連投は削除等の対象。
・質問等は、しっかり考えてから行ってください。
 聞けば何でも教えてくれるというのは間違いです。
・コメントの返信方法が確立していないので、返せない場合があります(´・ω・`)
・http://とhttps://が禁止ワードとなっています。
 コメント本文のURL入力は頭のhを抜くなり、なんなりしてください
name:

title:

Mail_address:

URL:

comment:

パスワード:

管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL

プロフィール

猫と馬

Author:猫と馬
相互リンク希望の方はこちらにコメしてください
閲覧推奨環境
現在不明

フリーエリア

blogram投票ボタン
fc2ブログランキング 人気ブログランキングへ

↑から買い物をしてくれると管理人が喜びます

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

リンク・記事の紹介(引用)について。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。